忍者ブログ
(   ^ω^   )
14 . December
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

31 . May
観てきました。感想オイトキマス。

まずいろんな方が言われてるように
随所にジブリ作品へのオマージュになるのかわからないけど

明らかに意識してるよねって点がありました。

個人的に感じたのは
トトロ、ナウシカ、ラピュタ、もののけ姫、ハウル

あたり・・・。

それだけファンタジーを作るうえでは
ジブリの存在が大きいってことなのかもしれないけど(世界名作劇場も)
ビジュアル的に見ても新海は自然物、ファンタジー物よりも
やっぱり現代風景の方が圧倒的に上手いなと思った。

・・・と、いうか自然物に関してはジブリが強すぎてwww勝てねえだろ

あと世界観って意味では時代設定に違和感がある点がいくつか。
生活小物だったり建物・乗り物を見ると昭和だと思うのだけど
すごい現代チックなヘリコプターだったり銃火器が出てきたり。

そういうものには詳しくないけど
一緒に観に行ったのが軍オタ入ってる人だったから聞いてみたら
その人も違和感は感じたみたいれす。

なんにせよ、~秒速までの新海のビジュアルとは
完全に趣向が違う映画だったのは確か。それが正解だったのかは・・・


ただテーマとしては新海らしいというか
特に難しくもなく、シンプルに、生と死・別れ
あたりがテーマになってると感じたけれど

果たして救いはあったのか(;^ω^)

死や別れは生の一部なので、受け入れて(諦めて)生きていけ

って丸投げされた感が俺はした。


上映が終わって、誰もヒトコトも話さず、シーンとして
淡々と劇場を出て行く映画を見たのはスカイクロラ以来でしたが
星追いの方がさらに・・・

スカイクロラは( ゚д゚)ポカーンって感じで
星追いは(´Д`)ハァ…って感じ。

観てないですけどゲド戦記もシーンとしてたらしいですね
まああまりに**すぎて笑ってる人もいぱいいたって話も聞きますが^p^


別に酷評ってわけではないです。
ジブリオマージュにくすりとしながら
かと思えばジブリの夢や希望をブッコヌイテ
胸にズシッとくるテーマを投げつけていった
って感じなんで、観てほしいっちゃ観てほしい映画だったかも。


ああ最後に、子どもに観させたい映画!みたいな感想もよく目にしますが
ちょいちょいグロイし、子どもがテーマを受け入れることが出来るほど
人生達観してるとも思えないんで・・・

『夢も、希望も、あるんだよ』で詐欺られるよ!!111
PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:はる
性別:男性
自己紹介
腐女子?いいえ腐男子です。
腐という言葉の意味が分からない方
また嫌悪感等を抱かれる方はなんたらかんたら
ついったー
最新CM
[06/17 はる]
[06/12 よも]
[07/07 468]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]